スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ベストハウス123 ヴェロニカ・ゲリン(Veronica Guerin)


ザ・ベストハウス123放送123回記念!女は強いぜSP 2010年2月24日放送

▽指入りスープを飲んだ女性…恐怖の結末
▽命をかけて出産した子に最後のメッセージ…余命3カ月の母
▽美人モデル壮絶人生
▽マフィアと戦った女性ジャーナリスト


アイルランドの女性ジャーナリストVeronica Guerinの話が最後に紹介された。
このジャーナリストの話は映画にもなっている。随分とふるい。

映画ヴェロニカ・ゲリン 特別版 [DVD] サントラもある。
 

映画は見ていない。
映画の論評はいくつか読んだ。

どうやら今回ベストハウスで紹介された流れは、
映画をもとにしているようだ。


相手が「悪」とは言え、彼女の取材方法に問題はなかっただろうか?
本当に最初から世直し的な純粋な気持ちで取材を始めたのだろうか?
打算はなかったのだろうか?

彼女に打算がなかったとして、
彼女は誰かの打算によって使われたという可能性は無いのだろうか?
ここまで偶像化されてしまっている事に何かすらの裏を感じるのは、
私がひねくれているからか?

引くに引けない状況を周りが作り、
結果、こんな事になったように見えた。
利用されたように見える。

やっぱり死んじゃだめだよ。
死から産まれることなんて何もない。
あってはいけない。

そんな気がする。




 にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ

テーマ : お笑い/バラエティ 全般 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。